飲食店開業サポート@山梨 │ 成功報酬で創業融資もサポート!

飲食店開業サポート@山梨

【対応地域】山梨県

055-253-8300

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

<飲食店営業許可>無許可営業者が今すぐすべきこと

<飲食店営業許可>無許可営業をしていますが、どうしたら良いでしょうか? こんにちは、飲食店開業サポート@山梨です。

ごく稀に、「現在無許可で飲食店を営業しています。どうしたら良いでしょうか?」といった相談を受けます。

この場合、大抵は無許可の理由(言い訳)を長々と語るのですが、どのような事情があったとしても無許可営業は無許可営業。

さて、今回はこのような困った相談について考えてみましょう。

保健所の営業許可

 飲食店を営業する(お金を取って飲食物を提供する)には、営業開始前に保健所の営業許可を取らなければなりません。

これは、飲食店を始めるうえで大前提です。

無許可営業はどうしたらよい

 今すぐに営業を止め(お店を閉め)、営業許可を取るべきです。

即日保健所へ申請書を出したとして、二週間程度で営業許可は取れます。この間お店を閉めるのも止むをえませんね。

ただし最短で許可を取るためには、現時点で保健所の許可基準を満たしていることが必要です。

保健所へ正直に話すべきか

 今まで無許可営業していたことを、保健所へ正直に話すべきか。これは経営者の考え方次第で、当方がアドバイスできる話しではありません。

ただ言えることは、許可を取る際保健所の立入り検査があるため、お店を見られればバレる可能性が高いということ。

これは当方の考えですが、「多少のお咎めは仕方ない、万が一許可が取れなくてもやむを得ず」と腹をくくり、正直に話してしまった方が楽になると思います。

まとめ

 「許可が必要だと知らなかった」「許可を取る暇が無かった」事情はあるにせよ、仕方なかったでは済みません。

無許可営業は違法であることに加え、来店してくださるお客様の信頼を裏切る行為だと思いませんか?

このレポートを読んでいる方のお店が、現在無許可営業であるならば、一日も早い許可取得を強くお勧めします。

以上、飲食店営業許可を取得するうえで、参考になれば幸いです。

無料相談 好評受付中!<飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店開業をご予定の経営者様、保健所や警察署の営業許可取得でお困りではありませんか?

<営業許可取得の疑問・悩み>
  • うちの店は、どのような営業許可を取ればよいのだろう?
  • 営業許可を取るのには、いくら必要で何日かかる?
  • 営業許可申請書の書き方が分からない

飲食店開業サポート@山梨では初回の相談は無料です。

飲食店営業許可取得でお困りの経営者様、まずは無料相談で3つのメリットを手にしてください。

<無料相談で手にする3つのメリット>
  • 必要とされる営業許可が、漏れなく分かる!
  • 営業許可取得料金と日数が分かるので、資金計画と開店スケジュールが見える!
  • 申請書の実物を見ながら相談できるので、どのように書いたら良いかが分かる!

無料相談受付中無料相談受付中!
055-253-8300
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。

・電話受付時間:9:00~18:00(月~金)
・休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メールでのお問い合わせはこちらをクリック
・メールは24時間受付中
・入力は楽々、たったの20秒!
・最速当日中に回答いたします
・押売りしませんのでご安心ください
・山梨県外の方からも受付ております

【当サイトご利用時の注意事項】
 当サイトの情報については、正確かつ皆様にとって有益であるよう万全を期しております。

しかし法令改正や制度改正その他の原因により、掲載情報が旧来の物となる可能性があります。また、当方の業務スタイル(考え方)を掲載したページもあり、こちらは見解の相違が生じることもあります。

 よって掲載情報はご自身で真偽確認ならびに判断のうえ、一切を自己責任でご利用ください。

当サイトの情報を利用することによって生じた損害について、これらが発生した時期を問わず、当方は一切の賠償および補償をいたしませんのでご注意ください。

Return Top