飲食店開業サポート@山梨 │ 成功報酬で創業融資もサポート!

飲食店開業サポート@山梨

【対応地域】山梨県

055-253-8300

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

「レストラン開業資金:日本政策金融公庫の創業計画書を作成する目的とは?」

 こんにちは、飲食店開業サポート@山梨です。

レストラン,ラーメン店,居酒屋にスナックまで、飲食店の開業を検討するうえで、創業資金の調達に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そんな経営者様にお役立ていただきたいと思い、以前のレポートで日本政策金融公庫の新創業融資について解説しました。

今回は新創業融資申込み時に、提出を求められる創業計画書について、どのような書類なのかを解説し、加えて作成する目的について考えてみましょう。

今回のレポートを読めば、創業計画書を機械的に作るのではなく、きちんと意図を持って作る大切さが分かるはずです。

創業計画書とは、どのような書類?

 日本政策金融公庫へ融資を申し込む際、提出を求められるのが創業計画書です。

書式は公庫指定の物を使いますので、申込者が自由に作るわけにはいきません。(書式をクリックすると、拡大してご覧いただけます。)

創業計画書の内容は、以下のように8つのセクションで構成されています。

1.創業の動機 創業の目的と動機
2.経営者の略歴等 事業の経験や資格
3.取扱商品・サービス 取扱商品と売上シェア,セールスポイント
4.取引先・取引関係等 商品の販売先,材料の仕入先と回収,支払条件
5.従業員 従業員の人数と構成
6.お借入の状況 住宅ローン等の借入れ残高と返済額
7.必要な資金と調達方法 創業に必要な設備資金,運転資金と調達方法
8.事業の見通し(月平均) 創業当初と事業が軌道に乗ったあとの収支状況

公庫が創業計画書から読み取ろうとしていること

 さてそれでは、公庫は創業計画書を何のために提出させると思いますか?

それは公庫が創業計画書から読み取ろうとしていることを考えれば、おのずと提出を求める目的が明らかになります。

この件に関して飲食店開業サポート@山梨は、次のように考えています。

【公庫が創業計画書から読み取ろうとしていること】
 この人は間違いなく融資したお金を返してくれるだろうか

 融資額の妥当性やお金の使い道など、細かい事を言えば他にもチェック項目はありますが、究極は上記ポイントが根底にあるのです。

公庫がいくら政府系の機関と言えども、融資した元金と利息を回収するのは、一般の金融機関と何ら変わりありません。

まして無担保・無保証人での融資ともなれば、これは自明の理と言えるでしょう。

創業計画書を作成する目的

 では融資を申し込む側としては、創業計画書をどのように作成したらよいのでしょう。

公庫が創業計画書から読み取ろうとしていることを考えれば、おのずと作成する目的や指針が明らかになります。

答えはたったひとつ、公庫の目的を満足させる創業計画書を作成すれば良いのです。

【融資申込み者が創業計画書を作成する目的】
 借りたお金を確かに返済できる(できそう)だと思わせること

 誤解を恐れずに言えば、創業前(または創業直後)で実績の無い事業者が、長期間に渡り本当にお金を返すことが出来るかなんて、そうそう証明できるわけがありません。

ゆえに創業計画書を作成するうえでは、「返済できる(できそう)」と思わせる内容が必要なのです。

 ここで勘違いしてほしくないのは、「思わせる」とは嘘偽り策を弄して騙すという意味ではありません。

数値の見通しは根拠あるデータで裏付けること、ご自身の経歴や長所をアピールし経営者として十分な資質が備わっていること、トータルで返済が確実であることを創業計画書で表現しなければならないということです。

まとめ

 いかがだったでしょうか、何の戦略も持たず機械的に創業計画書を作成したのでは、おそらく数百万もの満額融資は覚束ないでしょう。

経営者である皆様ならば、無担保・無保証人で数百万ものお金を借りるのは、甘い話でも簡単な話しでもないということをご理解いただけるはず。

 困ったときは手遅れになる前に、専門家からアドバイスをもらうのも正しい経営判断です。

飲食店開業サポート@山梨では、飲食店を創業する経営者様の資金調達もサポートいたします。

日本政策金融公庫の創業計画書作成でお悩みならば、いますぐご相談ください。

以上、飲食店の創業資金借入れを検討するうえで、皆様の参考になれば幸いです。

無料相談 好評受付中!<飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店開業をご予定の経営者様、開業資金の調達でお困りではありませんか?

<開業資金調達の疑問・悩み>
  • 手持ちの自己資金で、公庫からいくら借りられるのだろう?
  • 公庫からの融資は何日かかる?
  • 公庫へ提出する融資申込書を書く自信がない

飲食店開業サポート@山梨では初回の相談は無料です。

飲食店開業資金の調達でお困りの経営者様、まずは無料相談で3つのメリットを手にしてください。

<無料相談で手にする3つのメリット>
  • 手持ちの自己資金で、いくら借りられそうか分かる!
  • 公庫から最短で融資を受けるための方法が分かる!
  • 満額融資に成功した申込書の実物を見ながら相談できるので、どのように書いたら良いかが分かる!

無料相談受付中無料相談受付中!
055-253-8300
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。

・電話受付時間:9:00~18:00(月~金)
・休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メールでのお問い合わせはこちらをクリック
・メールは24時間受付中
・入力は楽々、たったの20秒!
・最速当日中に回答いたします
・押売りしませんのでご安心ください
・山梨県外の方からも受付ております

お客様の声 <飲食店開業サポート@山梨>

qui CUCINA ITALIANA 田﨑雄太様

田﨑様顔写真 お世話になります。
山梨県北杜市のイタリア料理店 qui(クイ)と申します。

この度は保健所の営業許可取得日本政策金融公庫への融資手続きでお世話になり、ありがとうございました。

今回は新規出店ということで、さまざまな手続きがわからず何から始めたらよいのか?

ましてや、東京の会社に勤務しながら山梨での飲食店開業のため何度も往復する時間がない、地元とはいえ頼る方がいなく相談できる人がいませんでした続きを読む

選ばれる7つの理由 <飲食店開業サポート@山梨>

 日本政策金融公庫からの飲食店創業資金借入れや、自治体への補助金申込み書作成は、飲食店開業サポート@山梨にお任せください。

オーナー様との対話を通じ、「この経営者に融資してあげたいと思わせる創業計画書」の作成をお手伝いをいたします。

<飲食店開業サポート@山梨 選ばれる7つの理由

 飲食店開業サポート@山梨が提供する創業融資サポートは、レストラン,ラーメン店,居酒屋,スナックなど、飲食店の創業資金を日本政策金融公庫から借り入れたいオーナー様にお勧めのサービスです。

選ばれる理由1:公庫との融資事前相談もお任せください

公庫相談レジュメサンプル 手始めに資金計画概要書を作成し、公庫との融資事前相談へ同行します。公庫への相談予約から、当日の進行まですべてお任せください。

加えて当事務所がバックアップをお約束しますので…続きを読む

飲食店営業許可取得もお任せください!<飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店の営業許可取得や、補助金申請もお手伝いします。詳しくは下記リンク(またはホームページ画像)をクリックしご覧ください。

  • 日本政策金融公庫への創業融資申込みを安心サポート!
  • 相談無料補助金申請の手続きもお任せください!
  • 最短,最速,低料金で飲食店の営業許可取得

関連レポート(飲食店開業をお考えの経営者様向け)

【当サイトご利用時の注意事項】
 当サイトの情報については、正確かつ皆様にとって有益であるよう万全を期しております。

しかし法令改正や制度改正その他の原因により、掲載情報が旧来の物となる可能性があります。また、当方の業務スタイル(考え方)を掲載したページもあり、こちらは見解の相違が生じることもあります。

 よって掲載情報はご自身で真偽確認ならびに判断のうえ、一切を自己責任でご利用ください。

当サイトの情報を利用することによって生じた損害について、これらが発生した時期を問わず、当方は一切の賠償および補償をいたしませんのでご注意ください。

Return Top