飲食店開業サポート@山梨 │ 成功報酬で創業融資もサポート!

飲食店開業サポート@山梨

【対応地域】山梨県

055-253-8300

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

「ラーメン店開業:<飲食店営業許可>このタイミングがベスト!保健所事前相談を行う時期」

「ラーメン店開業:<飲食店営業許可>このタイミングがベスト!保健所事前相談を行う時期」 こんにちは、飲食店開業サポート@山梨です。

飲食店営業許可を取るうえで、最初に行うのは「保健所への事前相談」です。

では、事前相談は何のために行うのでしょうか? また、相談はいつしたら良いのでしょうか?

今回は保健所への事前相談を行う目的と相談する最適な時期について解説します。

なお、山梨県外では運用が異なる可能性がありますので、詳しくは管轄の保健所へご確認ください。

事前相談を行う目的

 保健所への事前相談は、以下の目的により行います。

<事前相談を行う目的>
  • 営業施設(お店)が許可基準に適合しているかを確認すること

飲食店営業許可を取得するためには、多くの許可基準をクリアしなければなりません。

しかし建物形状や厨房レイアウト等は、お店ごとに千差万別です。

よって事前相談により許可基準への適合性確認と、不適合であった場合の改善指導を受けるのです。

事前相談はいつ行ったらよい?

 保健所への事前相談は、少なくとも内装工事着工前(厨房機器レイアウトも決定済み)に行うべきです。

なぜなら着工後相談へ出向き、そこで改善指導を受けてしまったら、工事のやり直しによる余計な出費と時間が生じてしまいます。

しかし内装工事着工前の相談はギリギリの線であり、決して最適なタイミングとは言えません。

事前相談を行う最適なタイミングとは

 内装工事の設計図面が出来上がり、厨房機器レイアウトも決定したときが、事前相談を行う最適なタイミングです。

この段階ならば改善指導を受けても、まだ手直し(設計変更)する余地は残されているはずです。

 飲食店開業サポート@山梨では、さらに一歩進んで、内装工事の設計図面作成前の事前相談も行っています。

設計図面作成前に微妙な部分を潰しておくことにより、後の設計変更を未然に防ぎ最短・最速で営業許可が取得できるのです。

まとめ

 いかがだったでしょうか、今回は保健所への事前相談を行う目的と相談する最適な時期について解説しました。

飲食店営業許可を最短・最速で取得するには、保健所への事前相談を行う時期も大変重要です。

以上、飲食店営業許可を取得するうえで参考になれば幸いです。

無料相談 好評受付中!<飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店開業をご予定の経営者様、保健所や警察署の営業許可取得でお困りではありませんか?

<営業許可取得の悩み>
  • うちの店は、どのような営業許可を取ればよいのだろう?
  • 営業許可を取るのには、いくら必要で何日かかる?
  • 営業許可申請書の書き方が分からない

飲食店開業サポート@山梨では初回の相談は無料です。

飲食店営業許可取得でお困りの経営者様、まずは無料相談で3つのメリットを手にしてください。

<無料相談で手にする3つのメリット>
  • 必要とされる営業許可が、漏れなく分かる!
  • 営業許可取得料金と日数が分かるので、資金計画と開店スケジュールが見える!
  • 申請書の実物を見ながら相談できるので、どのように書いたら良いかが分かる!

無料相談受付中無料相談受付中!
055-253-8300
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。

・電話受付時間:9:00~18:00(月~金)
・休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メールでのお問い合わせはこちらをクリック
・メールは24時間受付中
・入力は楽々、たったの20秒!
・最速当日中に回答いたします
・押売りしませんのでご安心ください
・山梨県外の方からも受付ております

事務所地図・アクセス<飲食店開業サポート@山梨>

〒400-0074
山梨県甲府市千塚1丁目9-8 第二ヤマカワビル102号室
【お車でお越しの場合】
JR甲府駅北口から「武田通り」をのぼり、「山の手通り」を左折し「敷島,韮崎方面」へ10分
「山の手通り」沿い,「オギノ湯村ショッピングセンター様」隣り,「有限会社角市様」真向い

※お車でお越しの際は、事務所前の専用駐車場をご利用ください。

関連レポート(飲食店開業をお考えの経営者様向け)

【当サイトご利用時の注意事項】
 当サイトの情報については、正確かつ皆様にとって有益であるよう万全を期しております。

しかし法令改正や制度改正その他の原因により、掲載情報が旧来の物となる可能性があります。また、当方の業務スタイル(考え方)を掲載したページもあり、こちらは見解の相違が生じることもあります。

 よって掲載情報はご自身で真偽確認ならびに判断のうえ、一切を自己責任でご利用ください。
当サイトの情報を利用することによって生じた損害について、これらが発生した時期を問わず、当方は一切の賠償および補償をいたしませんのでご注意ください。

Return Top