飲食店開業サポート@山梨 │ 成功報酬で創業融資もサポート!

飲食店開業サポート@山梨

【対応地域】山梨県

055-253-8300

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

「居酒屋開業:初めてでも大丈夫!4ステップで判定する営業許可の種類」

 こんにちは、飲食店開業サポート@山梨です。

飲食店を開業するためには、保健所の営業許可が必要です。

この他にも飲食店系の許可や届出には、風俗営業の許可深夜酒類提供飲食店営業の届出(深夜営業届)もあります。

ところが、お店の許可,届出がどれに当てはまるかは営業形態によって決まるため、必要なものを言い当てるのはなかなか難しいものです。

そこで今回は、当事務所オリジナルの判定フローを使い、取るべき許可や届出の判定手順について解説します。

判定フロー

 判定フローは、至ってシンプル。わずか4ステップで完了します。

以下順を追って説明しますので、まずは全体像を眺めてください。(フローをクリックすると拡大図でご覧いただけます)

【ステップ1】接待しますか?

 あなたのお店は、お客様を接待する営業形態でしょうか?

例えば、お店のママやホステスさんがお客様とカラオケでデュエットしたり、お客様の隣りへ座って水割りを作りつつ談笑するなどの行為は接待にあたります。

このように接待を行うお店は、保健所の飲食店営業許可と公安委員会の風俗営業許可(2号営業許可)を、両方取らなければいけません。

【ステップ2】主として主食を提供するお店ですか?

 ステップ1で接待をしないお店であった場合、次に判定するのは主として主食を提供するお店かという点です。

ここで言う主食とは、普通常識的に考えて主食と考えられる食事を指します。

    【主食の例】

  • 米飯類
  • パン類(菓子パン類を除く)
  • めん類
  • ピザパイ
  • お好み焼き

加えて主食を提供するお店であるためには、以下の条件も兼ね備えなければいけません。

  • 営業時間中常に主食を提供している店であること
    (主食の提供が一週間のうち平日のみで休日はバーであるとか、昼間はランチで定食を出し、夜は居酒屋ではダメ)
  • 客が飲食している時間のうち大部分の時間は主食を提供していること
    (大半の時間は酒を飲ませているが、最後にお茶漬を提供するようなお店はダメ)

これらの事から考えると、主として主食を提供するお店とは、レストラン定食屋ラーメン屋など、食事をすることが目的のお店です。

いずれにしろ、そのお店が食事処か飲み屋かは、経営者自身が一番よく分かってますよね。

なお後ほど手順の中に出てきますが、たとえこれらのお店でお酒を提供し、かつ午前0時以降営業したとしても、保健所の飲食店営業許可だけで足ります。

【ステップ3】主としてお酒を提供するお店ですか?

 主としてお酒を提供するお店とは、居酒屋や赤ちょうちんなど、ごくごく普通の飲み屋さんのことです。

飲み屋さんの多くは、シメのお茶漬けや焼きおにぎりなど、本来主食と呼べるメニューも提供していますが、お客様の大部分は飲酒に時間を費やすため、居酒屋などは主食を提供するお店にはあたりません

 この判定でお酒を提供するお店でなければ飲食店営業許可だけでよく、お酒を提供するお店ならば次のステップへ進みます。

【ステップ4-1】午前0時以降も営業しますか?

 最後の判定として、居酒屋など主としてお酒を提供するお店が、午前0時以降も営業するか否かを見ます。

午前0時前に閉店するならば、飲食店営業許可だけで営業することが可能です。

【ステップ4-2】午前0時以降も営業しますか?

 ここまで来れば残りは、午前0時以降も営業する居酒屋等になります。

このようなお店では飲食店営業許可と合わせ、深夜酒類提供飲食店の届けも必要となります。

まとめ

 飲食店を営業するためには、保健所の営業許可は必須です。

これに加えて接待をするならば風俗営業許可も必要です。

また普通の飲み屋で0時以降も営業するならば、深夜酒類提供飲食店の届出も行わなければいけません。

現在あなたのお店では、許可と届出が正しく行われているか、この機会にあらためて確認してみませんか?

 いかがだったでしょうか、今回は飲食店の許可と届出の判定手順について解説しました。

それぞれ許可と届出には、お店の場所的基準店舗の構造・設備的基準などがあり、これら基準を満たさなければ営業することは出来ません。

 特に場所的基準を満たさないことは、致命的であり絶対に許可はおりません

また店舗の構造に問題がある場合には、多額の改修費用がかかる可能性もあり、費用負担は経営を圧迫します。

 実はこれら場所的基準と店舗の構造・設備的基準については、早い段階で行政書士へ相談することでクリアできる可能性が高まることをご存じですか?

経費を削減するため、経営者自ら許可申請を行うのもありですが、行政書士へ相談するのも賢明な経営判断のひとつです。

以上、飲食店の開業および、営業形態を検討するうえで参考になれば幸いです。

無料相談 好評受付中!<飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店開業をご予定の経営者様、保健所や警察署の営業許可取得でお困りではありませんか?

<営業許可取得の疑問・悩み>
  • うちの店は、どのような営業許可を取ればよいのだろう?
  • 営業許可を取るのには、いくら必要で何日かかる?
  • 営業許可申請書の書き方が分からない

飲食店開業サポート@山梨では初回の相談は無料です。

飲食店営業許可取得でお困りの経営者様、まずは無料相談で3つのメリットを手にしてください。

<無料相談で手にする3つのメリット>
  • 必要とされる営業許可が、漏れなく分かる!
  • 営業許可取得料金と日数が分かるので、資金計画と開店スケジュールが見える!
  • 申請書の実物を見ながら相談できるので、どのように書いたら良いかが分かる!

無料相談受付中無料相談受付中!
055-253-8300
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。

・電話受付時間:9:00~18:00(月~金)
・休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メールでのお問い合わせはこちらをクリック
・メールは24時間受付中
・入力は楽々、たったの20秒!
・最速当日中に回答いたします
・押売りしませんのでご安心ください
・山梨県外の方からも受付ております

お客様の声 <飲食店開業サポート@山梨>

qui CUCINA ITALIANA 田﨑雄太様

田﨑様顔写真 お世話になります。
山梨県北杜市のイタリア料理店 qui(クイ)と申します。

この度は保健所の営業許可取得日本政策金融公庫への融資手続きでお世話になり、ありがとうございました。

今回は新規出店ということで、さまざまな手続きがわからず何から始めたらよいのか?

ましてや、東京の会社に勤務しながら山梨での飲食店開業のため何度も往復する時間がない、地元とはいえ頼る方がいなく相談できる人がいませんでした続きを読む

選ばれる3つの理由 <飲食店開業サポート@山梨>

 飲食店の営業許可取得は、飲食店開業サポート@山梨にお任せください。

最短,最速,低料金で、保健所の営業許可を取得いたします。

しかも、食品衛生責任者の受講申し込みも丸ごとサポートしますので、なにかと忙しいオーナー様に好評です。

<飲食店開業サポート@山梨 選ばれる3つの理由

 一般飲食店とは、レストラン,ラーメン店等、主食を提供するお店と、居酒屋,焼き鳥屋,大衆酒場等、お酒を提供するお店を指します。

飲食店開業サポート@山梨ではオーナー様に代わり、これら飲食店開業に必要な保健所の営業許可を、最短,最速,低料金で取得します。

選ばれる理由1:保健所の手続きはすべてお任せください!

 飲食店を営業するためには、保健所の許可が必要です。

しかし許可を取得するためには…続きを読む

創業資金借入れもお任せください!<飲食店開業サポート@山梨>

 日本政策金融公庫への創業資金借入れ申込みや、自治体への補助金申請もお手伝いします。詳しくは下記リンク(またはホームページ画像)をクリックしご覧ください。

  • 日本政策金融公庫への創業融資申込みを安心サポート!
  • 相談無料補助金申請の手続きもお任せください!
  • 最短,最速,低料金で飲食店の営業許可取得

【当サイトご利用時の注意事項】
 当サイトの情報については、正確かつ皆様にとって有益であるよう万全を期しております。

しかし法令改正や制度改正その他の原因により、掲載情報が旧来の物となる可能性があります。また、当方の業務スタイル(考え方)を掲載したページもあり、こちらは見解の相違が生じることもあります。

 よって掲載情報はご自身で真偽確認ならびに判断のうえ、一切を自己責任でご利用ください。

当サイトの情報を利用することによって生じた損害について、これらが発生した時期を問わず、当方は一切の賠償および補償をいたしませんのでご注意ください。

Return Top